寝ている間が一番大事

悪循環にならない為に

どのような企業においても、一般的に若い人たちに対しては体力的な要求が大きくなりがちであり、残業の日々になってしまうことはよくあります。仕事の量が多いことに加えて、仕事に慣れていないことから手際も悪く、毎日睡眠時間を削って働かなければ追いつかないような状況に陥ってしまうこともあるでしょう。睡眠不足になることによって、日中のパフォーマンスが低下してしまい、余計に仕事が遅くなってしまうという悪循環になってしまうと取り返しがつかなくなります。悪循環に陥ると精神的な負担も大きくなり、それが疾患につながってしまうリスクもあることから、それを未然に防ぐことが重要です。

オーバーワークが要求されてしまうのは若さゆえに仕方のないことでしょう。しかし、仕事をこなそうと頑張る結果、パフォーマンスを低下させてしまっては元も子もありません。基本的な考え方として持つべきなのは、労働時間を長くすることによって仕事をこなしていくのではなく、労働時間を変えずに仕事量を増やしていく努力をするということです。仕事を手際よく行っていくにはどうしたら良いかを常に考えて業務をこなすことにより、効率化を図っていくことが重要になります。そうすることで、睡眠時間を削る必要なく徐々に仕事ができるようになっていくでしょう。人にとって睡眠は不可欠なものであり、睡眠不足になってしまうような仕事の仕方は長続きしないということを肝に銘じておくことが大切です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です