寝ている間が一番大事

看護師に学ぶ睡眠不足の解消法

優れた睡眠不足の解消方法は、夜勤の多い看護師に学ぶ事が出来ます。女性の仕事の中でも、看護師の職場は夜勤が就労条件となる事が特徴的で、看護師はそれぞれの経験を基に独自に編み出した睡眠不足の解消法を心得ています。

中でも参考になるのが、就寝時間で眠れないときでも出来るだけ身体を休ませる工夫をしていることでしょう。神経が高ぶり就寝時間に上手く眠れない事は多々ありますが、このようなケースでも看護師は出来るだけ身体を休ませる為、眠りやすい寝具や遮光カーテン、防音性に優れた室内環境などを整え、休息しやすい環境を作り出しています。心身ともにリラックス出来る環境でベッドに横たわるだけでも、身体の疲労回復効果は得られるため、夜勤に伴う睡眠不足の状態を解消する事ができます。その結果、疲労を回復させる事が出来るのです。

また、看護師によっては就寝前には炭水化物を取らないなど、食事内容に気をつけている方が多いそうです。これは、就寝中に内臓が活動してしまい身体の疲労回復の妨げとなるのを防ぐためで、就寝前は出来るだけ消化吸収の良い軽食に抑えたり、飲み物だけにする看護師も多いのが特徴です。看護師に見られるこれらの日常的な配慮が夜勤が組み込まれた病院での勤務を可能にしており、睡眠不足を補う効果的な手段となっているのでしょう。そのため、看護師の日常生活への配慮を上手く真似る事が、睡眠不足から脱出する手がかりとなるでしょう。(参考:http://xn--ihqu0pm0h0z0abdaprw31j4zdx43a.com



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です